Falconの思うままに

きままにマニアックなネタを

VISAのタッチ決済は便利だった

さて、VISAのタッチ決済がコンビニで使えますね。

7,ローソンでは確認しています。

 

クレジットでというと、接触か非接触か両方反応して

決済待ちになるので、タッチしてあげると決済完了。

クレジットを差し込まなくていいので、カードも

摩耗しないしいい感じです。

 

ただ私は物理カードを使わないでスマホから

できる方法を活用しています。

 

そうカードによってはスマホに決済登録することで

スマホをかざすだけでいいのです。

 

GooglePayに対応しています。

 

私はPayPay銀行ですが、本当に使い勝手がいい。

PayPay銀行は対応していて、GooglePayに

登録できます。

 

それで失敗談なのですがスマホSUICAと同じにかざせば

いいというものじゃなかったのです。

 

スリープ状態だと駄目ということで、一旦スマホ

ロックを外して、かざさないと駄目のよう。

 

これだけ覚えておくとQuicPayより全然早い。

タッチした瞬間に反応してくれて、離してもOK

むしろ、その後のレジ側の処理が遅いくらい。

 

最近はコンビニではQuicPayを使わないです。

7は自分で決済を選ぶので使いやすいです。

店員と会話しなくていいので。

 

VISAタッチと言ってはいけないのですよね?

VISAのタッチ決済が正式名? 

 

PayPay銀行はPayPayはもちろんVisaのタッチ決済にも対応していて

さらにカードレスのネット決済用番号も使えて、PayPayからの出金にも

対応。 VISAデビッドとしても使えて、とっても便利です。

 

VISAデビッドがとにかく便利、使いすぎず、引き落としがとっても

便利

海外でも現地通貨を出せるし、困ることがない状態です。

 

みなさんぜひ活用ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

OCI Always Freeトラブル復旧

さて、OCI Always Free 向けのサーバーが影響を受けました。

 

私のところは大阪リージョンだけでした。東京は無事でした。

IPアドレスの割り当てがはずれ、アクセスできない状態になりました。

元のアドレスは返却されてしまったので再割り当ての操作をしました。

 

1つは予約できたのですが、1つはエフェメラルでしかとれませんでした。

これは制限なのかなあ。

インスタンス再起動でも変わらないとのことで、継続アクセスはできそうです。

 

DNSのほうは、変えておきました。

 

Consoleへのログインはたまにしかしないので、パスワード変更を

求められてしまいました。

みなさんはどのくらいの頻度でConsole画面へログインしていますか。

 

ともあれサービスは復活しました。よかった。

 

おひとり様クラウドなんですが、自分向けではあるが、止まると

不便を感じますね。

 

今回は待っていても解決しないので、自分から動かないと駄目でした。

こんなこともあるんだと、経験値が増えました。

 

 

 

 

 

 

OCI AlwaysFreeでトラブル(IPアドレス割り当てが消えた)

さて、お世話になっているOCIですが

NextCloudが反応しなくなりました。

 

httpsがつながらない...

おや? と思ってsshでログインしようとしたが

アクセスできないなあ。

 

しょうがないのでOCIのコンソールを開いた。

あれ? Public IPがない.......

何でかなとおもったら、コンソールにメッセージがあるのに

気づきました。

 

どうやらトラブルでPublic IPの割り当てにトラブルが生じているらしい

大阪リージョンのサーバー2台が影響を受けていました。

 

とりあえず、原因はわかったのでインスタンスを停止しておきます。

重要なサーバーでないので、まあ後々対処でいいところが

個人運用ですな。

 

直るといいんですが... 自分で再設定でいいのかなあ。

 

最初httpsの証明書が切れたかと思った。

それでブラウザが警告がでたんで、しまったハッキングされたか!!!

と早とちりしました(笑)

 

東京リージョンのほうは大丈夫みたい。

 

みなさん慌てずに!!

 

 

 

 

MODBUSの威力を知る

みなさんMODBUS使っていますか?

 

MODBUSいいですよね。

汎用でオープンなプロトコルなんで

いろいろ相性がいいです。

 

PythonでもFPCでも使えます。

インターフェイスとしても

PCとPLC用タッチパネルとも接続できますし、

その用途は無限です。

 

MODBUSサーバーをどれにするかですが

NODERED上のMODBUSマスタが立てられるのを

ご存じですか?

これいいですよね。ノードをマウスで落とすだけで

即使えます。

 

面倒なことはありません。

 

今回仕事で使いましたが、選択してよかったと

思っています。

 

何がいいのかわからない人多いと思いますが、

見えない変数より見えるMODBUSです。

 

使ってみてください。

 

 

 

Linux(Ubuntu)上でのデスクトップアプリ作成

さて、まともに仕事でLinuxのデスクトップアプリを

作りました。

 

ほんとうに仕事でないと真面目にやらんので、大変勉強に

なります。

 

Ubuntu上で Linuxのアプリ作成でした。

 

それで迷わずCodeTyphonを使いました。

ただWindows上でクロスコンパイルです。

 

それでNextCloudでファイル同期していれば、

ファイルの交換は問題ないですね。

 

それでWindows上で日本語を書いても化けず問題なく

表示されています。

 

レイアウトもほぼ再現されているので、まったく困りません。

CodeTyphonとFPCの組合せの完成度の高さを思い知りました。

 

これを他の言語で短時間でやらないといけなかったら

すごく苦労しただろうなと思います。

 

環境構築から実機立ち上げまで、さらから1日かからず

構築できました。

 

日頃からいろんなところへ、アンテナを張っているといいこともありますね。

 

 

 

 

 

 

P4D(Python for Delphi)をCodeTyphonで使う

ということでP4Dです。

Python for Delphi ですね。 forを4と書くセンスです。

これをCodeTyphonで動かしたいですよね?(おい)

 

Delphiではお世話になっていてこれでPythonでやることを

Delphiから呼べたので大変重宝なものです。

 

視野が広がること間違いない!!

 

ということでいれようと

Python for Delphiを落としてきます。

これFPCもいけるよということでLazarus向けなんで

CodeTyphonは対象外なのです。

そこは Ct2lazというソフトがありますので

こいつでプロジェクト変換を行います。

 

まあほとんどこれやらないとCodeTyphon(CT)向け

はないので、これデフォルト作業だと思ってください(笑)

Lazarus向けを変換して使うのがCT信者の茨の道です。

 

それで突き進むとエラーでまくりで、ちょっと待てよ

となります。

ソースのつじつまがいろいろあわないようです。

 

う~んということで探すと

P4L (でいいか?) Python for Lazarus

というのがありました。

ありがたい!!!!

 

ということで、落としてct2lazかけて

OKで~す!!!!

はいちゃえばこっちのもの。

 

皆さんご参考にしてください。

(皆さんは10年に1人くらいでてくるのか謎ですが...)

 

マイナーな道に進んできた迷える人を救えますように。

 

そもそも話題のROS、これをCTからいじれないか

というありえない発想をしました。

基本I/FはC++Pythonらしいので

じゃあPythonで書くけど呼出しはCTでやるよ

という発想になり P4Dあるじゃんとなりました。

CTでも動くよねということで手を動かしてみました。

 

こんな変態なことを考えるのは私だけと思いますが、

Pascal好きな私からすれば自然な発想になります。

 

日本人はわずかしかいないですが、世界のPascal好きは

結構いますね。ロシアとかブラジルとか。

 

ではでは