Falconの思うままに

きままにマニアックなネタを

IBM Cloud Foundaryの移行完了

さて、懸案だったIBM Cloud Foundary上のNodeRedの移行が

終わりました。

 

って大げさですが、NodeRedのファイルを読み書きして入れただけです。

 

それでもWebSocket周りがはまりました。

 

結果として新サーバーは1880でNodeRedが待っているので

クライアント側は 1880へ接続するように書き換えるだけなのですが

フロント側のwebsocketの書き方が悪かったということみたいです。

なので別のポートを開けることなく終了です。

 

NSGの設定も戻しておかないと。

iptables をいじったりいろいろしてしまいました。

 

結局TMS WebCore上のWebSocketのポートを

localhost:1880

としないで

localhost

と書いておき別途portプロパティのほうで

1880

とするということで解決です。

 

なん~だということがいろいろ手間取りました。

サーバー移行ということでサーバー名の変更は避けられない

ですが、ちょっとはまりました。

 

TMS WebCoreおすすめです。

 

これでIBM Cloud FoundaryはNodeRedノードを

全クリアして、将来のサーバー停止に備えます。

約1年後に自動消滅するようです。

 

長いこと使わせていただきありがたかったです。